せっかくの夏だから、読書でもするか

関東は台風が近づいてきています。
夕方には強い雨が降る予報ですが、今夜は食事の予定があって出掛けなきゃいけません。
大丈夫かなぁ…。

最近、アフィリエイトを頑張っているので、ビジネス系の本ばっかり読んでいます。
本を読むのはもともと好きで、昔はいろんなジャンルの本を読んだものでした。

この夏はビジネス本以外の本も読んでみようかな、とふと思ったので、大きな本屋にでも行こうかなと思っています。

ソラがハマったミステリ小説

私が10代後半~二十歳前後までハマっていたのは、島田荘司の「御手洗潔」シリーズです。
ちょっと変わった探偵、御手洗潔(みたらいきよし)が独特の行動と発想で謎を解く姿はまさに和製シャーロック・ホームズ。
なんか大人としてはダメなところが多いのも、ダメンズウォーカーな女子に刺さるポイント(笑)

占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)

新品価格
¥905から
(2018/7/28 15:51時点)

私がシリーズ内でお気に入りなのは「アトポス」です。
ページ数が多いので読みごたえがあります。

アトポス (講談社文庫)

新品価格
¥1,361から
(2018/7/28 15:53時点)

Amazonで検索してみたら、「御手洗潔シリーズガイドブック」なるものがありました。なにそれほしい。

ドラマ化決定! 名探偵・御手洗潔シリーズ ガイドブック

御手洗潔シリーズの他に、よく読んだのは「我孫子武丸」の著作です。
私ぐらいの年代の人なら大体ご存知だと思うのですが、スーパーファミコンのサウンドノベルソフト「かまいたちの夜」を書いたのが我孫子武丸その人です。

かまいたちの夜にどっぷりハマった私は、もっとこの人の書いた話が読みたいと思い、本を買って読みました。
我孫子武丸の本といって最初に思い浮かぶのはこれじゃないでしょうか。
「殺戮にいたる病」。

新装版 殺戮にいたる病 (講談社文庫)

新品価格
¥756から
(2018/7/28 15:57時点)

この本はいろんな意味で衝撃的です。
非常に猟奇的な内容なので苦手な方にはお勧めしません。
しかし、この本を読み終わったあと、きっとだれもが「やられたぁー!!」という感想を持つのではないでしょうか。
忘れられない一冊です。

我孫子武丸の本は速水警部補シリーズも面白かったですね。

新装版 8の殺人 (講談社文庫)

古い本ブームが来たときもあった

私がうつ病を患って、すこし良くなって本が読めるようになったころ。
図書館に通って「昔の本」を読み漁った時期がありました。

そのときに一番好きになったのはこれ。

斜陽 他1篇 (岩波文庫)

新品価格
¥540から
(2018/7/28 16:08時点)

太宰治「斜陽」です。
この本を読んだころ精神状態はあまりよくなかったから、静かな本が読みたかったんですよね。
とてもゆっくりじんわりと物語が進んでいく感じが、その時の私にはぴったりでした。

主人公であるかづ子の女性としての芯のようなものを感じて、なんとなく勇気づくというか。
しっかりしなくちゃと思った記憶があります。

私は子供の頃から宮沢賢治が好きで、その中でも代表作「銀河鉄道の夜」が大好きです。
たしか学校の読書感想文で銀河鉄道の夜を取り上げて、賞をもらった気がします。

銀河鉄道の夜 (280円文庫)

新品価格
¥288から
(2018/7/28 16:15時点)

星や宇宙が好きな子だったから、当然のように手に取って読みました。
宮沢賢治の世界は不思議な感じに満ちていて、とても好きなのです。

私はそれまで外国の本というのはほとんど読んだことがなかったのですが、このタイミングで海外の本も読みました(もちろん翻訳したやつですよ)
以前テレビで「カラマーゾフの兄弟」が面白いと聞いたので読んだのですが、あまり私には刺さらず…。
それじゃあドストエフスキーの他の本を、ということで「罪と罰」を読みました。

【Amazon.co.jp限定】 罪と罰〈上〉 (特典:新潮文庫の100冊キュンタ 壁紙ダウンロード)

新品価格
¥853から
(2018/7/28 16:19時点)

なんていうか、陰鬱ですね(笑)
ドストエフスキー、陰鬱(笑)
主人公が追い詰められていくさまが鬼気迫るものがあります。

他の作者のものもたくさん読んだんですが、いまいち記憶にないです…。
カフカの「変身」とかは読んだ記憶があるけど、いまいち内容を覚えてません。

なんかもっとパーっと明るい本とかないのかよ!と思われるでしょう。
なんやかんや言って、私は「暗い本」が好きなのです(笑)

子供のころは赤毛のアンシリーズとかも読みました。
ああいうのも嫌いじゃないんですけどね。

その他の書籍いろいろ

その他現代の本に関しては、わりと節操なく読みました。
その中でもダントツのオススメは「ノルウェイの森」ですね!!

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

新品価格
¥1,210から
(2018/7/28 16:31時点)

若者たちの若者感がすごいです(語彙力)
実は私、この本大好きですがストーリーについてはわりと普通だなと思っています。

何が好きなのかというと、村上春樹の言葉の選び方や繊細な表現方法です。
それぞれのキャラクターがそこにいて実際に動いているような感覚。
だからこそ引き込まれていくんだと思います。

読んでる間は頭の中がビートルズになります。

他には、女性向けの本もよく読みました。
ティーンエイジャーのころは銀色夏生の本を読んでましたねぇ。

そしてまた波音 (角川文庫)

新品価格
¥555から
(2018/7/28 16:46時点)

江國香織の本もわりと良く読みました。

【Amazon.co.jp限定】 神様のボート (特典:新潮文庫の100冊キュンタ 壁紙ダウンロード)

新品価格
¥562から
(2018/7/28 16:48時点)

本は結構たくさん読んだんですけど、思い返すとあまり覚えてませんね…。

暑い夏だから本を読もう

今年の夏は暑いです。
不用意に外に出ると熱中症になりかねないので、本を買い込んで読み漁るのもいいのでは。

私は熱中症らしき症状でダウンしたので、暑い日中にウロウロするのはやめました…。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク