メンタルの薬を飲むのをやめたいが…。

今日から四月ですね。
四月バカの日ですが、これ以上嘘ついたらバチが当たると思うので特になにもしません。
パチンコしてたときにさんざん嘘つきましたからね。
もうできるだけ嘘はつかずに生きていきたいです。
二度目のパチンコ借金は墓まで持っていかなきゃいけないし。

さて、最近毎日充実している気がして仕方ありません。
これはひとえに春の気候のせいですね。
体が動きやすくなるといろんなことができるので、充実感が生まれます。

あとは私が軽躁になりつつあるということでしょうかね。
軽躁のときってすこぶる気分がいいんですよ。
謎の達成感と充実感に満たされます。
※軽躁:軽めの躁状態。普通よりもちょっとテンションが上がってやる気に満ち溢れます。

でも最近思います。
双極性障害の薬、ずっと飲み続けなきゃいけないのかなあって。
薬を飲むこと自体は別にいいいんですけどね、ちょっと面倒ですが。

でも、薬を飲み続ける=病気が治ってない、ってことじゃないですか。

私はこれ自体も実はもう受け入れているのでいいんです。
双極性障害は基本的に完治はしない病気、うんわかったOK。

でもね、やっぱり家族が心配したり不安になったりするわけですよ。
この人、いつまで薬漬けなの?って。

それはやっぱり嫌なんですよね。
家族にちゃんと「もう治ったよ」って言って安心してほしいんです。
特に夫には、病気がひどかったときにそりゃあもう迷惑かけましたしね。
安心させたいんです。

だから、「私は実は双極性障害ではなかった」という結論を導き出せる行動に出ないといけないと思います。

かといって、おそらく私はまったくまともな精神を持ち合わせているわけでもなさそうなので。
ここはセカンドオピニオンに頼ってみようかと思っています。
別のメンタルクリニックに行って、検査をしてみたい。

前にも書きましたが、私はADHDじゃないかと思っているので、これの検査をしてほしいんです。
「実はソラは双極性障害じゃなくADHDでした」というシナリオを期待して。
どっちも変わんねぇじゃんと思われるでしょうが、私にとってはかなり違います。

今のメンタルクリニックの先生は双極性障害は完全に治ることは難しいと言われています。
つまり、このままでいても薬が減ることはあってもなくなることはないんですよね。

でももしADHDだったら、薬を飲まなくてもいいよって言ってもらえるかもしれない。
ADHDの薬は出るかもしれないけど、薬自体は減るかもしれない。

そして、ADHDは「病気ではない」んです。

私、どうもこれがひっかかってた。
約8年ほど前にうつ病だと診断されてから、ずっと私病気のまま。
「ずっと病気」でいるの、嫌だなって。

ADHDは「発達障害」なので、病気じゃないんです。先天性の脳の特性なので。
それって、持って生まれた骨格とか顔の配置とか、それらと同じことじゃないですか。
だから病気じゃない。

それだけでも大きな意味があります。
だから、私は双極性障害から脱出したいんです。

できれば、今月中にでもADHDの検査をしてもらいに行きたいなぁ。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク