リスクマネジメントは大事

しかしあれですね。
毎日毎日毎日毎日…。
さむいですね。
チャリ通勤マジ寒い。
さて、ここ数日の事件としましては、我が薬局の薬剤師が胃腸炎でダウンし、休んだことがあげられます。
何度かこのブログで触れていますが、私の勤める調剤薬局では薬剤師が一人しかおらず、彼がいないとうちの薬局は営業できません。


スポンサードリンク

しかし今回は体調不良とのことなのでまあ仕方ないのですが…。
本部に連絡してなんとかかわりの薬剤師が見つかったので、代わりの方が来てくれました。
来てくれたんだけどね…。
この方が普段はもう薬剤師としてほとんどお仕事されてない方で、大変でした。
私はしがない一介の事務員なのですが、この業界でいう「ピッキング」をさせられることに。
ピッキングとは、処方箋が来たときに薬棚から薬を出す作業のことです。
私は「それって薬剤師の仕事じゃねえの?」と思うのですが、事務員がやる薬局もあるそうで。
でも私、ピッキングやったことないんですけどね
でもまあなんとかなりましたが、いつもの倍疲れました。
だってこの方法だと結局、バタバタ歩き回って薬を出すのは私で、薬剤師は出された薬を確認して出すだけなんだもの。
確かに薬剤師がやらなきゃいけない最低限のことはやってるわけですが、ホントに最低限なんですよね…。
ヘルプに来てもらって文句は言えないのでやりきりましたけど…。
今回のような事態のために事務員を一人増やしてあったのは幸いでした。
私はほぼピッキングに集中することができましたからね。
でも薬剤師の人員をなんとかしてもらわないとなんとも。
今回はたまたまヘルプ人員が見つかったからよかったものの、見つからなかったら薬局開けられませんからね。
会社としてそこのリスクはきちんと見てもらわないと。
しかしうちの薬剤師、自己管理が甘いんですよね。
一応体調の心配もしてますが、もっとしっかりしてよと思ってしまいます。
若いからなのかなぁ…ほんと困ったものです。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク