旅立ちました

義母が亡くなりました。
本当に急で、家族一同驚いています。
さみしいですが、残された家族ってやらなきゃいけないことがたくさんあるんですよね。
めそめそしていられません。
嫁の私にとって、義母はやさしい人でした。
世の中で囁かれるような嫁いびりなどは一切なく。
やさしくしてくれる人でした。


スポンサードリンク

夜遅くに病院から呼び出されて、急いで車を走らせたけど、間に合わなかった。
家族は誰も間に合いませんでした。
亡くなってみると、「もっとああしておけばよかった」の波がどっと押し寄せます。
もっと頻繁に会いに行けばよかったとか。
もっと気遣いのできる嫁であればよかったとか。
もっとしてあげられることがあったんじゃないかとか。
それ以上に、我が家は背負った十字架があります。
義母に借りたお金を、返さなかったことです。
私が知らないところで夫が借りたお金ですが、原因は私でした。
私が、うつ病になって働けなくなったとき、生活費が全然足りていなかったそうです。
私に負担をかけまいと、夫が黙って借りてくれたのです。
そのお金を、返すことができずに、義母はいってしまいました。
本当に、本当に申し訳なくて、でも、どうすることもできない。
もういないんです。
もう、いなくなってしまったんです。
どうして、居てくれるうちに、返さなかったんだろう。
その後悔は永遠に解消されません。
もう、返せないから。
本当に親不孝で、情けない。
だから余計に、もっと何かしてあげればよかったという思いが、湧いては消え、消えては湧き…。
とても、複雑な思いが胸を駆け巡っています。
そして、私って最低だなと思ったりしています。
義理の娘として、親不孝なままで。
あしたも、あわただしく動かないといけません。
寝不足なので、ぼちぼち寝ます…。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク