病気についてとやかく言う人々が、私の人生を支えてくれるわけじゃない。

最近朝晩冷えますね~。
ついこの間まで「寒い」なんて感覚はすっかり忘れてたのに、今はしっかり「寒っ!」って感じますもんね。
寒い地域はすでに10℃を下回ったとか…。
この辺りでいったらすでに冬。
さて、明日は野暮用で渋谷へ行くので、出かけついでに都内のハンドメイドマーケットを見に行こうと思っています。
どうですかこのリア充感。
体調はあまりよくないのですが、気力は充実しています。
むしろちょっと空回りしてイライラしています。


スポンサードリンク

双極性障害(躁鬱病)は、躁状態になるとテンションアゲアゲになったりやる気に満ち溢れたりするのでいいことのような気がするのですが、実はイライラして他人に迷惑をかけることもあります。
とにかく頭の中がとっちらかっている状態なので、頭の中に体がついてこなかったりするのです。
私は双極性障害II型といって、I型に比べると気分の上げ下げが緩いほうの病気なんですが。
それでも躁状態がひどくなってくると、普段はまったく温厚な私なのにイライラしてなにかに当たりたくなったりすることもあります。
最近頭の中はぐるぐるとフル回転しているのに、体調があまりよくないのでイライラしていることが多いです。
やりたいことはいっぱいあるのに、なんで体が思い通りにならないの?!
このめまいなんなの?
この手の震えなんなの?
熱っぽいのなんなの?
歯の食いしばりなんなの?
…。
とまあ、自分の体調の悪さに延々と文句を言っているのです。
普段の私ならほとんど気になりません。
私のようにメンタル系の病気を持っていたり、メンタル系の薬を飲んでいると、ちょっとめまいがしたり、手が震えたりすることが当たり前なので、気にもならないのです。
ひどいときは気になりますが、ちょっとなら通常運転なのでなんともない。
そう考えるとつくづく、私って普通じゃないんだなぁと思わされます。
私が働いているのは調剤薬局ですから、もちろんメンタル系の薬をもらいに来る患者さんもいます。
そうすると、うちの薬剤師はわりと否定的な意見を述べたりするのです。
私は会社に病気のことは隠しているので適当に話を合わせていますが、その都度ちょっと悲しくなります。
なんどもぶち当たる壁です。
メンタルの病気なんて、やっぱり気持ちの問題だったんだろうか?
私が精神的に弱かったのだろうか?
違うと言い聞かせてみても、世間はそうは言ってくれません。
仕方ない。
少なくとも今の時点では、世間のメンタルの病気に対する考え方はこうなんだ。
だから人の言うことは気にしない。
私は、私のペースで生きていくしかないんだ。
とやかく言う人々が、私の人生を支えてくれるわけじゃない。
言いたい奴には言わせておけばいい。
そう言い聞かせて今日も生きているのです。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク