「遊技障害」じゃない、「ギャンブル依存クソ野郎」です。

最近こころなしかパチンコ依存関連のニュースがネットニュースで配信されることが増えたような気がします。
私はあまりテレビは見ませんが、ネットニュースだけはしょっちゅう見ているので(笑)
そこでこのところよく見かける言葉が。

「遊技障害」

見たことがある方も多いと思います。
最近のギャンブル依存関連のニュースには「遊技障害(ギャンブル依存症)」という書かれ方をしています。


スポンサードリンク

遊技障害て。
誰が言い出したのか知りませんが、センスないなあ。
ギャンブル依存性よりなんとなくマイルドになった感じがするのは私だけでしょうか。
しかしですね、私たちギャンブル依存性に貼るレッテルにまろやかさなんて必要ないんですよ。
もっと辛辣でいいんです。
「ギャンブル依存クソ野郎」みたいな名前ですらいいと思ってます。
ギャンブル依存性は病気ですが、病気になった原因は自分自身にあるわけです。
そこに外的要因がまったく介在しないわけではありませんが、基本は自分自身の甘さだったりとか、ものの感じ方だったりとかするわけで。
それによって借金したり嘘ついたりしてるわけですから、残念ながらダメ人間であることは否定できません。
そこは甘んじて受け入れましょう。
大事なのはそこからです。
いつまでもギャンブル依存クソ野郎でいるわけにはいきませんよね。
大切な人を裏切り続けるわけにも、自分自身を傷付け続けるわけにもいきませんから。
自分がダメ人間だと認識できたら準備はOKです。
あとはダメ人間から脱するために、がむしゃらに努力するだけ。
本当にそれだけ。
簡単なことだけど、難しいことです。
失敗することもあるかもしれない。
それでも努力し続けるだけ。
少し考え方を変えてみてください。
ギャンブルは悪。借金は悪、そんなことにうつつを抜かす自分は最悪、です。
極端でも詭弁でもいいからギャンブルから遠ざかるものの考え方をしましょう。
そして自分が一番信用できないんだと認識してください。
少しだけなら大丈夫だろうとか1パチなら大丈夫だろうというのは、自分を信用しすぎた人の思考。
私はやってしまえば転がり落ちるようにパチンコ地獄にハマるとわかっているので、今後一切パチンコに手を染めてはいけないと思っていますし、例えトイレを借りる為であってもパチンコ屋に入ってはいけないと思っています。
自分が一番信用できないからです。
ギャンブルをやめたい皆さん、自分を信用しないで下さい。
自分がダメ人間だと認めて下さい。
そして、ダメ人間から抜け出す努力をして下さい。
努力し続けましょう。
私たちは、ずっとずっとパチンコをやめ続ける努力をしていかなければいけませんからね。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク