若い女性向けのキラキラ感は苦手

ここ最近、どうも調子が悪い。
昨日もあまり体調がよくなかったから早めに布団に入ったけれど、朝方までうとうとしたら目が覚めるの繰り返しで、あまり眠れていません。
体調が良くないと、心も引っ張られて調子が悪くなるから困る。
そうなると、いろいろ思い出したり考えたりすることがあって、ちょっと落ち込んだりします。
いやだなあ。
先日、DVDで「君の名は。」を観ました。
率直な感想は、「10代~20代前半の若者にウケるアニメ映画」といった感じで。
紆余曲折あったアラフォーの心を鷲掴みにするには、ちょっとキラキラしすぎてるし、ちょっと突飛すぎるというか。


スポンサードリンク

別にアニメが刺さらないわけでもないと思うんですけどね。
漫画やアニメ、好きだったし。
でも、考えてみれば、女性向けのアニメや漫画にはそこまでハマらなかったかな。
今でも心をときめかせるのは、銀河鉄道999とかだったりします。
数年前に、何度目かのさよなら銀河鉄道999借りて観て、改めてわくわくして、ときめいて、感動しました。
私の心は、少年だったようです。
知ってたけど。
なぜだか、女性向けのキラキラ感て、ちょっと苦手で。
なんか恥ずかしくなるし、なんか、全く別の世界の出来事みたいに感じる。
現実感がなくて、共感できないというか。
学園モノとか、リアルな女子高生の日常なんでしょうけどね。
私の体験した女子高生の日常って、あんなにキラキラしてなかったし。
もっと気だるい毎日だったし、学校生活よりもバイト生活のほうが充実してたし…。
だからなのか、あきらかに若い女性をターゲットにした「君の名は。」は、私には刺さらなかったのかもしれません。
「そこそこ年のいった男性」をターゲットにしたアニメなら、刺さるかも。
世の中的な大ヒットにはならないかもしれないけど。
あぁ、最近ワクワクしてない気がする。
また、銀河鉄道999借りて観ようかなあ。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク