勉強に対する強迫観念でパチンコのことなんて考える暇がない

昨日は日曜なので普通にお休みでしたが、夫も休みになってしまったので、ほとんど勉強できませんでした…。
本当にまずい。
これからの休日は夫と休みがかぶっても、一人で勉強しに出かけよう…。
と思うんですけど、そうもいかないんですよね。
私が一人で義母に会いに行くことはほとんどないので、夫と休みが合ったときぐらいは義母の様子を見に行こうと思ってしまう。
で、早めに切り上げてそのあと勉強しようと思うんですが、なかなか予定通りにいかないのです。
帰ろうとすると義母が必死で引き留めるものですから(笑)
私なんかはわりとバッサリ振りほどいて帰れるのですが、やっぱり息子としては無下にもできず。
ずるずると時間だけが過ぎていくことになります。


スポンサードリンク

なんだか、勉強しないと!という強迫観念だけが前に前に出てくると、せっかくのお盆休みもあまり楽しみでなくなってきてしまいます。
せっかくだから楽しみたいし、勉強も充実させたいんですけどね。
今年こそは、絶対に合格したい。
問題は、お盆休み期間がほとんど夫とかぶっていることですね。
うち2日間は夫が友達と旅行に行くので良いのですが、私は私で実家に帰るので、その2日間はあまり勉強はできないと思います。
久々に泊りで実家に帰るよと伝えたら、母がどこかに行こうよと楽しげに言っていたので。
それに付き合うのも、親孝行かなと。
元気なうちに色々思い出を作っておきたいと、義母を見ていて思います。
歩けなくなってからでは、できないこともたくさんありますからね。
夫と休みがかぶるのは3日間。
丸3日間みっちり勉強ってことはありませんが、一日中出掛けてて勉強できなかったって事態だけは避けたいです。
出掛けたとしても、午前中だけにして午後は勉強するとか、その逆とか。
とにかく勉強する時間を確保しないといけません。
とまあ、こんな感じで頭の中が「ヤバい!勉強しなきゃ!ヤバい!勉強…」となっているので、パチンコのことなんて考えるいとまもありません。
相変わらず通勤路のパチンコ屋のポスターはチラ見してしまいますが(笑)
パチンコがしたいとは全く思いません。いいことですね。
今の心境としては、「なぜあんなことに夢中になって借金までして大切な時間を無駄にしたんだろう?」という素朴な疑問を自然に持つことができる状態です。
「パチンコを我慢している」ときは、そんな風に思うことはできませんでした。
それでもいいからパチンコがしたいと思っていたからです。
それも少し落ち着いてくると、「パ、パチンコなんて、ひ、百害あって一利なしだし!別にもう行きたくねぇし!」と、ややムキになる時期があります。
これはある程度我慢ができるようになってきた自分を褒めたい気持ちと、ちょっと背伸びしたい気持ちが入り混じっている状態ですかね。子供かよ(笑)
そして今。
昔の彼氏と別れて何年かたって新しい彼氏もできて、なんとなく顔もおぼろげになってきて、冷静に「なんであんな男と付き合ったんだろう?あの時はあんなに夢中だったけど、今思えば不思議でしかない。」って自然に思うんですよ。
昔の彼氏をパチンコに置き換えると、まさにこの状態なんです。
不思議なんです。あんなに夢中になる意味が、思い出せないんです。
そのうちこのまま思い出とともに消え去ってくれればいいんですけどね。
そう一筋縄では行かないのが依存性。
今後もパチンコとじっくり向き合いながら、時には逃げながら、断パチは続けていかなければいけませんね。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク