私たちは有限の時間を死に向かって歩いている

今日は幾分涼しくて過ごしやすいです。
最近はあまり体調も崩していなかったのですが、一昨日急に熱が出ました。
突然寒くて寒くてたまらなくなり、震えが止まらなくなって、熱を計ったら38度ありました…。
風邪でもないのに何故。
最近のソラは、本当に健全です。
仕事のある日は難しいけど時間があれば勉強し、気分転換が必要だと思えばカラオケに行き、少しずつ体を動かすことを始めてみたり…。


スポンサードリンク

ものすごく楽しいかと聞かれると別に普通なんですが、ゆったりと流れる普通の穏やかな日々に幸せをかみしめております。
勉強するのは大変だしストレスも溜まるけど、自分のステップアップのために努力している自分に満足しています。
行き詰ったら、大好きなカラオケに行ったり、カフェでお茶したりすればいいし。
充実はしています。
パチンコをやめた当初は、有り余る時間の使い方が皆目見当もつかなかったっけ。
時間があればパチンコに行きたくなる。
だからほかのことをしようと思うけど、やることがないんですよね。
それだけ、時間をパチンコに盗ませてるんですよ。
時間って、大事です。
前向きなことや、建設的なことや、有意義なことに使うべきです。
パチンコ台の前に座って一日中右手をひねっていても、今後の自分や家族のために使っても、同じ一日。
私たちはみんな死に向かって生きていて、その時間は有限です。
だいたいあと何十年生きられるのか。
今際の際に、どう思って死んでいきたいか。
そのために何をしておくべきなのか。
そういうことを考えて生きていかないと、ぼんやりと人生が終わってしまう。
私はそんな気がします。
今現状では、死ぬときに「良い人生だった」と思えるための施策をきちんとしているわけではなく、将来のために貯金を始めるとか、キャリアアップのために資格を取るとか、そういうささやかなことから始めています。
できるだけ前向きに生きていこうと思いまして。
あとは「後悔の少ない選択」をするよう心がけています。
ことが済んだあと、「あぁ、ああすればよかった」と思ってしまいがちですが、そこから「次はこうしよう」と思うことができたら、それは後悔ではなく反省に変わるんじゃないかと思います。
もしやった結果失敗したとして、「しなければよかった」と思うこともあるかもしれません。
でも、自分の意志で決めた選択なのだから、と受け入れます。誰も責めません。
そしてやはり「次似たようなことがあったとしたらこうしよう」と思うことにしています。
ただ「ああすればよかった、こうしなければよかった」と思うだけではダメです。
それはただの後悔。なにも生まない。
ましてや人のせいにするなんてもってのほかだし、自分をひたすら責めるのも違うと思う。
私はもともとネガティブな人間だったので、ポジティブになれるようにたくさんたくさんいろんなことを考えました。
それはもう子供のころからずっと。
今は、だいぶマシになってきたかなと思います。
前向きに。
前向きに。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク