パチンコ屋入店拒否制度が実現したら

昨日は暖かかったのに、今日は一転。
寒いしこれから雨だそうです。
余計に気分があがらないわ…。
今日ネットニュースで見たのですが、今後ギャンブル依存性はパチンコ店に入店できない仕組みが出来るかもしれないそうです。
このニュースを見たとき、心のそこから思いました。
数年前にこの制度があったら…。


スポンサードリンク

私は二回目の借金をしなくてもよかったかもしれない。
初回の借金はまぁ、まさかギャンブル依存性になるとは思ってもいなかったので予防できなかったとしても。
最初の借金が夫にバレた時点で、私がパチンコ屋への入店を拒否されるような措置がとられていたら、二回目の借金はしなかったかもしれないな…とか思ったり。
もちろんそんなもんなくたって借金なんかするなよ!って話なのは百も承知ですが。
今はパチンコ屋なんかに近づく予定はありませんが、もし自分をパチンコ屋を出禁にできるなら、私はその届けを出します。
今はよくても、必ずまた、パチンコしたい病がやってくるから。
今はなんとか我慢出来てますけど、限界がくることだってあるかもしれない。
そんなとき、つい行ってしまったパチンコ屋で「入店お断り」をされたら目が覚めるでしょうし、もちろんパチンコをすることはできませんからね。
自分が、一番信用できない。
平気で、いろんなものを裏切れる自分を。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク