社長め…なにかあったらどうすんだ

今日は休みなんですが、朝から体がだるいのなんのって…。
実は今日の午前中は健康診断に行こうと思ってたのですが、とてもじゃないけど無理。
布団から出られなかったので、来週行くことにします。
普通、健康診断って会社が手配してくれて、業務時間中に行くもんですけどね。
うちの会社は自分で手配して、料金も自分で立て替え払いして、後で小口現金から精算するシステムなんです。
しかも最初は社長が3000円でやれとか言いやがって無理に決まってるだろこの野郎とか思ったりしてたわけなんです。
結局全額出してくれるってことになりましたけども。


スポンサードリンク

健康診断がいくらするかなんて知らないのかもしれませんが、3000円じゃさすがに無理って思わなかったのか謎で仕方ありません。
結局私が行こうと思ってる健康診断は一万円します。明らかに3000円じゃたりない。
まぁケチなんですけどね。うちの社長。
病人の巣窟で仕事している割にインフルエンザの予防接種代も半分しか出してくれないし。
普通の会社でも予防接種は出してくれない会社もありますがね。
うちの会社、薬局ですけど?
って思う次第なんです。はい。
それにリスク管理が全然なってない。
私が今休んだらうちの薬局どうやって営業するの?
代わりに来てくれる人なんていないし。
でもうち薬剤師ひとり、事務一人しかいないし。
先日、義母の手術の際にもドキドキしました。
なにかあったら駆けつけなきゃいけないのに、代わりがいないってどうすんのよと思って。
でも社長の言い分としては、もう一人雇ったら人件費がかさむ、なんですよね。
あほか。
経営者として人件費が痛いのは分かりますが、私が休んだことによって、もしかしたら薬剤師が事務もやって投薬もやって…ということになるかもしれません。
それは患者さんに迷惑をかけることになるし、それによってうちの薬局から離れて行ってしまうかもしれません。
患者さんが調剤薬局求めていることは、「優しい」とか「親切だ」とかいうことよりも「近くにあって早く薬が出てくる」なんですよ、悲しいことに。
私は薬局の業務は接客業だと思っているので、常に笑顔を心がけているし、できるだけ親切にしたいと思っているので。
それが嬉しいと言ってくださる患者さんがいるのも事実ですが、まぁやっぱり「早い」ってのが重要視されているのが現実なんです。
調剤薬局は自分たちから営業をかけて顧客を獲得するという形態じゃないので、今来ている患者さんを逃がさないことが大切だと思うんですけど…。
ほんと、どうするんだろ。
義母の状態としては今のところすぐに命にかかわることはないと思いますが、なにしろ高齢なのでどうなるかわからないのです。
ちょろっと一回相談してみるかなぁ。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク