パチンコがのこした後遺症のようなもの

もう12月になっちゃったの?!
と思ってたらむしろもう8日です。
早すぎる…。
でも嬉しいことに、諸々の処理がちゃんとうまくいってたら、明日にはボーナスが入るはずです!
本当に明日入ってるかは謎ですけど…。
うちの会社、そこらへんなぁなぁなんで…。


スポンサードリンク

今月はボーナスが出る=私にも臨時のお小遣いが出ると決めつけてホイホイお金使っちゃったんで、ボーナスが出ないと困ります…。
なんか私ってお金の使い方下手だなぁと思います。
若いときはわりと上手かったんだけどなぁ。
適度な倹約家だったので。
今はカフェとか外食にホイホイお金払っちゃう。
気分的には満足だけど、お金は残らないし、モノも残らない。
お小遣い制になっても無駄遣いが多い。
やっぱりパチンコはじめてから金銭感覚がおかしくなっちゃって、やめた今になっても尾をひいている気がします。
あの、諭吉がただの紙切れに感じるという感覚はもうないけれど、パチンコを始める前ほどの重みは感じられないのが事実です。
パチンコは、「お金の正しい重み」を感じることが出来なくなるという、後遺症のようなものを残した気がします。
本当にやっかいです。
苦しい思いをしてパチンコをやめても、すべてを元通りにすることはできない。
だけど、私たちはパチンコをやめ続けなきゃいけない。
パチンコをやり続けている限り、私たちは底無し沼にはまる一方なのだから。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク