死ぬときに、きっと私は後悔する

今日は仕事が半ドンです。
仕事が終わったその足で、義母の入院している病院に面会に行きました。
義母の入院は、思いの外長引いています。
高齢なので、若い人に比べれば時間がかかるのは仕方ありませんが…。
ちょっと心配です。


スポンサードリンク

人はみんな、近づいてくる死から逃れることはできない。
それは若くても、老いていても、変わらない。
近づいてくる死が、もう近くにいるのか、まだ遠くにいるのかは誰も知らないから。
私だって、いつ死が迎えに来るかわからない。
明日かもしれないし、何十年後かもしれない。
だから、死ぬときに後悔することのないように生きようって、若い頃はそう思ってた。
思ってたけど…今はやっぱり後悔しそうだな…。
とても「いい人生だった」とはいえないと思う。
だって色んな人に迷惑をかけて、色んな人を傷付けた。
特に夫には、申し訳ないことをたくさんした。
だから、いまわの際に後悔すると思う。
だけど、それが現実。
それを受け入れるしかない。
後悔しながら、懺悔しながら、感謝しながら、死に直面するんだろうな。
若い頃に理想としてた死に際じゃないけど、人間らしいといえば人間らしい。
これから先、これ以上後悔を増やさないように生きていくしかないんだな。
たぶん、まだまだ長いこれからの人生。
いろいろあるとは思うけれど。
なんか、まるでこれから死ぬ人みたいな内容になっちゃった。
別に私が大病したとか、生きていくのが嫌になったとかそういうことじゃないのでご安心ください(笑)

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク