誰かに頼るということは…。

昨日勉強ノートを見てたら、一番後ろのページに落書きで絵が描いてあって、若干病んだコメントが添えてあるのを発見しました。
微妙な気持ちになりました(笑)
若いときはよくやってました。
病んだ絵と病んだコメントを紙に書き出すってことを。
私って、じぶんのなかで抱えきれない気持ちや思いを書き出す習性があるんです。
あとで見ると猛烈に恥ずかしいしドン引きするんですけどね(笑)
でも不思議と楽になるんですよね。
その抱えきれなくなったマイナスの思いを、誰かと共有してるって感じがするんです。
この場合は紙と共有してるんですけど…。


スポンサードリンク

私は本当にメンタルが弱いんです。
メンタル弱いのに誰かに頼るってことができないたちで。
変に融通がきかないんですよ。
誰かに頼ることは、誰かに迷惑をかけることだ。
誰かに頼ることは、自立できてないということだ。
誰かに頼ることは、弱いということだ。
そんな風に思っちゃうんです。自然と。
本当はもっと他人に頼っていいし、もっと甘えてもいいんだと思うんですけどね。
なんとなく、甘えることは許されない気がして…。
甘ったれな自分自身にも腹が立つし、ちゃんとしろよって思います。
いや、ここ数年の自分は甘えすぎなのかな。
だからギャンブルなんかにハマって、借金までした。
誰が他人に甘えたわけじゃないけど、自分で自分を甘やかしてるんだ。
そんな自分が許せなくて、たまに抱えきれなくなって、紙に吐き出してるんだ。
それでまともな人間になれるわけじゃないけど…。
今日も私は生きてるんだ。

↓ギャンブル依存症ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
スポンサードリンク